So-net無料ブログ作成

年金でも悠々自適に 海外移住 で暮らす [生活]

スポンサーリンク




定年退職後や、早期リタイアして、老後は海外で悠々自適に過ごしたい。
日本の年金制度で暮らしていくのは不安だし。
それでは、おすすめの移住先は一体どこだろうか。
「PRESIDENT」での特集から紹介しよう。

いくつかのポイントの中でも重要なのは
生活費が安く、滞在ビザが取りやすいこと。
年金でもリッチに暮らせる国はどこだろうか。

「タイ」(バンコク) 月収15万円でもリッチな暮らし
タイ.jpeg
1万円で普通のアパートが借りられ、月15万円で裕福に暮らせる。
仏教国で親近感が湧きやすい。
治安が良く、日本人のコミュニティが発達している。
日本食レストランも多く、日系のデパートもある。

居住条件
50歳以上、80万バーツ(約240万円)以上の現金預金維持か、
6万5000バーツ(約20万円)の年金受給などの条件クリアで
リタイアメントビザを取得できる。

「インドネシア」(バンドン) 温暖な気候で快適
バンドン.jpeg
首都ジャカルタから、電車で3時間の標高700mの高地で、
年間を通して涼しい。
月10万ほどで暮らせる。食事も日本人の口にあう。

居住条件
55歳以上で、年金などで月1500ドル以上の
不労収入が条件 かつ、
インドネシア人の家政婦を雇用すること。
月500ドル以上の賃貸物件を借りるか、
指定された観光地の3万5000ドル以上の住居の購入。

「サイパン」   何もせず、のんびりと島で暮らす
サイパン.jpg
海が好きで、島で暮らしたい人向け。
まさに南国での暮らし。
月最低15万ほどの生活費は必要。
のんびり暮らせるが、何か趣味がないとすることがなくなるかも。

居住条件
55歳以上で、コンドミニアムの購入や土地のリース、
家屋建築などの
10万ドル以上の現地投資が必要。


モロッコ(カサブランカ) 国際的な暮らしが味わえる
カサブランカ.jpeg
物価は安く、アジア並み。首都のラバトでは
安いアパートなら家賃が100ドル。
月500ドル程度で1か月暮らせる。
モロッコ最大の商業都市のカサブランカでは、
月1か月の生活費は1000ドルと
高くなるが、西洋化されており住みやすい。

居住条件
リタイアメントビザは、年金受給者用と金利生活者ようで、
金額に指定はない。


上記の国のほかに、「フィリピン」なども人気が高く、
実際にリタイア後に移住した人が多い国である。
そもそもの目的は、日本国内では年金だけではリタイア後の暮らしが
心もとないが、物価が安く余裕をもって暮らす為の移住。
しかし、日本は長らくデフレ状態で、物価は安止まり。
かたや新興国は、これからの発展によっては物価が上昇し、
貨幣価値が変わってくる可能性は頭にいれておきたい。


nice!(0)  コメント(0) 

牛タン価格の高騰で、牛タン専門店がピンチ [生活]

スポンサーリンク




コスパ最強のYouTube教材!BYC
https://byc-af.com/l/c/p95z7wAU/vi8jUITE


仙台名物の牛タン焼きの専門店が、
輸入牛タンの価格高騰に悩まされているそうです。

皿6枚レモン.jpg

牛タンは意外と栄養価が高く
鉄分、ビタミンB群、タウリンなどの栄養素が豊富で、
肝機能の強化作用や血圧上昇のコントロール、
インスリンの分泌促進による糖尿病予防などの
効果が期待される食物です。
最近の中国経済の減速で海外の牛肉生産が減少し、
国内では大手外食チェーン店などとの競合があり、
仕入れ値が昨年11月ごろと比べると5割以上高くなっている状況。
やむなく店頭価格の引き上げに踏み切った専門店もあり、
業界からは材料価格の高騰がこれ以上続くと
価格を維持するのは厳しいとの声が。

仙台牛タン.jpg

景気の冷え込みで意欲が弱まった中国では、
安価な豚肉や鶏肉が好まれるようになり、
オーストラリアや米国で牛肉の生産量が減少。
加えて海外の精肉加工業者が
牛タン専門店向けの出荷を減らし、
焼き肉店向けを増やす傾向に。
焼き肉店では客が自ら焼くため、
色のいいチルド(冷蔵)タンが中心ですが、
焼いてから客に出す専門店は、
色は劣っても賞味期限の長い
フローズン(冷凍)タンを使用。

冷凍1.jpg

しかし、チルドタンはフローズンタンより加工が容易で
焼き肉店向けの需要はも伸びが期待できると考える
海外業者がフローズンタンの生産に消極的になっていて
生産量が品薄に。
手が届きづらくなる前に、
本場の専門店でうまい牛タンを
楽しんでおいた方が良さそうです。