So-net無料ブログ作成
検索選択

「ワンランク上のおもてなし」のお弁当宅配サービスが好評のようです

スポンサーリンク





お昼時に、「何をどこで食べようか?」
と考えるのもランチの楽しみの一つ。
でも、時間が無くて、デリバリーに頼らざるを得ない人も
多いと思います。

そんな中、芸能事務所所属のタレントさんやモデルさんが
お弁当を宅配してくれるサービスが、
11月4日からスタートしているそうです。

その名もプラチナランチ」

宅配されるお弁当は、
中国料理 小洞天」や「銀座うち山」といったような
名店の高級お弁当。
約200種類から選べ、ひとつ¥1,500~¥5,000。
合計¥30,000(税抜)以上からの注文受付で、
弁当合計金額の10%の配送・サービス利用料がプラスされます。
そして、今のところは法人受付のみになっています。

お弁当の配送に来てくれるのが、女優さんやタレントさんの卵達
彼女たちが、配送・配膳・料理の説明をしてくれます。

まだ目指すタレント業だけでは収入が少ない彼女たち。
かといって、よくわからないところでアルバイトするのも、、、
といった悩みの解決策として考え出されたものです。

利用する企業にとっては、
大事な顧客とのランチミーティングを
ワンランク上の雰囲気にできる、
あるいは、
退屈になりがちな研修を盛り上げることに
つながるかもしれません。

いまのところ、東京都の港区・千代田区・中央区のみでの
お届け受付ですが、好評であれば
地域拡大も考えているようです。







「個人情報」の価値が¥500という認識ではないのでしょうが、、、。

スポンサーリンク





「ベネッセ」から、個人情報漏えいに対する
お詫びの品に関しての手紙が届きました。

「ベネッセ」を利用したことがあり、漏えいした情報の中に
自分の情報が含まれているのか、いないのか?
どちらだろうと思っていましたが、漏えい分に含まれていたという
ことになります。

被害者への「補償」として、
¥500の金券・ギフト券・図書券、及び、ベネッセこども基金への寄付
の選択ができるという内容です、

しかし、
この情報漏えいで、別段何も起こらなければよいとして、
何か実害があった場合、この¥500の金券でおしまいなの?
と思ってしまいます。

実害を受け、「補償」の¥500金券類で納得がいかない場合は、
(実害がでれば、納得できないですが)
「損害賠償請求訴訟」を起こすことになります。
ただ、実際に訴訟を起こす場合の費用のことを考えると、
一人での裁判ではマイナスになることが予想され、
集団訴訟でないと割に合わないことになりそうです。
(補償の金券類も受け取っていない方が良いようです)

漏えい事件が起こるか怒らないかは
個人情報を扱う企業の防止対策に左右されると
いうことになってしまいます。
多くのケースは、情報の処理・管理を外部に委託していて、
その委託されていた業者からの情報漏えいというものです。

個人情報を扱う企業は、もし情報漏えいした場合に備え
委託業者への賠償請求額を大きくして契約しておく。
そして、事件が起こった場合は、十分な賠償が被害者に充てられる
準備が行われている。

「そういった措置を取っているかいないかを見ていますよ」
というメッセージを、私たち利用者は送っていかなければいけないのだと
今回の事で思いました。


これから買う車、ハイブリッド? クリーンディーゼル? どちらがお得!?

スポンサーリンク




無料レポートをダウンロードするだけの簡単なお小遣いサイト
http://tamiyafan.pktmoney.net/

車を買うにあたっては、何をポイントにするかは人それぞれでしょう。
とは言っても、やはり燃費は大きなポイントになると思います。

燃費がいい車として思い描くのは、まずハイブリッド車
そして最近注目を集めているのが、クリーンディーゼルですね。

昔のディーゼル乗用車は、とにかくうるさく、パワーもいまいち、
なおかつ、その排ガスが環境に悪影響を及ぼすもの。
ただガソリンと比べて安い軽油を使用する経済的な面で、
我慢して乗るようなエンジンでした。

しかし「クリーンディーゼル」と呼ばれる現在のディーゼルエンジンは、
静かで高性能、排ガスもクリーンな物になっています。

では、「ハイブリッド車」と「クリーンディーゼル車」 どちらがお得なのでしょう?
車格も価格帯も近い、トヨタ「アクア」マツダデミオ
検討します。

車両価格
ハイブリッド車の「アクア」は、¥180万~¥200万。
一方「デミオ」は1.5L DOHCディーゼルが、¥178万。1.3LDOHCガソリン仕様が
¥135万なのと比べると価格は高くなりますが、「アクア」とほぼ同等です。

燃費
カタログ数値では、「アクア」37Km/l、「デミオ」ディーゼル26Km。
しかし、カタログ数値と実走値では、差があることはご存じの通り。
「アクア」は大体23Km/l位のようです。
「デミオ」は大体19~20Km/l位のよう。
1つのポイントとして、高速道をよく利用するか、街中をちょろちょろ走るのが
多いのかがあります。
高速使用が多いと、ハイブリッドのモーター使用のメリットが出にくくなる傾向が
あるようです。

燃料費 ハイオク ¥158/1L 、 軽油 ¥121/1L
で計算すると、1000Km走ると「デミオ」の方が¥800位お得か。

税金面
どちらもエコカー減税対象車。
「デミオ」は、クリーンディーゼル補助金が受けられます。

以上比較してみました。

車選びは、数値以上にそれぞれ好みが大きく左右しますよね。
私個人は、フロントマスクの好みと、エンジン音はさほど気にならない
タチなので、「デミオ」の方が好みです。

ハイブリッド車もクリーンディーゼル車も、他に種類があります。
参考になればうれしいです。



[マンション高騰」は、いつまで?  まだ間に合う?「不動産投資」

スポンサーリンク




新築マンションの高騰が続いているようです。
とりわけ、東京都心部が中心のようですが。

東日本大震災後の、建築に係る人手不足と
建築資材の値上がりが影響し、
建築コストが大きくなっているのが一因のようです。

最近の首都圏のマンションの平均価格は、
¥5,000万の後半とか。
場所や間取りによってコストパフォーマンス感は変わるでしょうが、
やっぱり高いと思いますよね。
昨年より2割ほど高くなっているようです。

そんな状況もあってか、不動産投資の話をよく聞きます。
ダイレクトメールなんかが来たりして。

投資用マンションの場合、今の主流は1K、あるいは1DKです。
購入したマンションを賃貸にして、家賃収入とローン返済額を
相殺するやり方です。

このままマンション価格の高騰は続くのか?
ポイントは、次の消費税10%の引上げと、
東京オリンピックのようです。

新築住宅は、来年3月までに契約すれば、10月以降の引き渡しでも
消費税は8%扱い。
来年3月までは駆け込み需要があるが、それ以降は値上がりする事は
ないだろうと予測されています。

一方、1Kや1DKマンションは
やはり、投資用として購入されているケースが断然多いよう。
建築場所や建築規約の制限で、消費税が上がったとしても
東京オリンピックまでは値上がりが続くと予測されているようです。

うーん、ちょっと話だけでも聞いてみるか、、、。





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。