So-net無料ブログ作成
検索選択

五輪の金メダルの物質的価値は10万円以下!?

スポンサーリンク




8月21日(日)、およそ2週間に渡って行われた
リオデジャネイロオリンピックが
終わりました。

1.jpg

今回の大会もさまざまな競技で
日本人選手の活躍が見られました。

次はリオデジャネイロ・パラリンピックが
9月7日(水)(日本時間9月8日(木))より
およそ10日間の日程で開催されます。

5.jpg


「リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック」のために
用意されたメダル(金・銀・銅)の合計は、
5,120個とされています。

2.jpg


ブラジル造幣局のメダルを制作するチームが
大会開催に向けて24時間体制で
作り続けたそうです。

製造チームは金や銀や銅などの
貴金属を調達し、製造したわけですが、
その製造コストはいくらくらいなのでしょうか?

直近の金・プラチナ取引の積立価格
金4,469円/グラム、銀67.0円/グラム
として
金メダル1個あたりの重さ500グラム

¥4,469×500g=\2,234,500

9.jpg

しかし、
実際の製造コストは
金メダル1個あたり・・・およそ60,000円
だそうです。

3.jpg


500グラムなのになぜ60,000円?

その理由は、金メダルは純金製ではないからです。
メダルに用いられている
金・銀・銅の割合にあります。

金メダルの金属割合は
金・・・1.34% (およそ6グラム)
銀・・・92.5% (およそ462.5グラム)
銅・・・6.16% (およそ30.8グラム)

金メダルは“銀ベースのメダル”
であることがわかります。
およそ6グラムの金は、
メダルの表面部分のメッキとして
使用されています。

11.jpg

金・銀・銅それぞれの数量に
金・プラチナ取引価格を掛け合わせると、
金と銀それぞれおよそ30,000円となり、
それらの合計はおよそ
60,000円ということになります。
銅は30グラムでおよそ20円程度です。

次の夏の大会はいよいよ
2020年の東京オリンピック・パラリンピックですね。

リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの
メダルの重さ(500グラム)は
夏のオリンピックでは過去最高の重さとのことでした。

7.jpg

東京オリンピック・パラリンピックのメダルは
どのような規格になるのでしょうか?

320_100.png


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。