So-net無料ブログ作成
検索選択

舛添要一氏出演のファミコンソフト 発言が皮肉なことに、、、。 [社会]

スポンサーリンク




都内新築1Rマンション投資

24年前に発売された、一本のファミコンソフト
その名も「舛添要一 朝までファミコン」

表紙.jpg

その中では、舛添氏が
「公私混同は失敗の元」という、
あまりに皮肉なアドバイスをしています。

4.jpg

中身は、ソフトや説明書のほかに
小冊子「書き下ろし 舛添BOOK」が入っており
接待や情報収集、会議といったテーマでまとめてあります。

パッケージ.jpg

ゲーム内の主人公は、一流企業ココナッツ商事の課長・藤沢和人
上司の急病で、予算1000億円の環境保護事業
「グリーン計画」を任されます。
この巨大計画をめぐり、社内で派閥闘争やスパイ行為、
ライバル企業の妨害といった難題が、次々と主人公を襲う設定。

グリーン計画.jpg

舛添氏は、ココナッツ商事会長の知人という立場で登場し、
主人公が困ったときに電話をかけると、突破口となる情報を教えてくれるというもの。

ゲーム内のアドバイスで
ビジネスがらみか、自分自身の楽しみのためかの
区別ができない男はダメである」とばっさり。
「その費用は誰が出しているのか考えるべきだ。
自前の金も出せない男に自由はないのだ」と。

巻末の4コマ漫画「それ行けマスゾエくん」では
「最後に一言!趣味はたくさん持ちなさい」
「仕事も遊びも中途ハンパなヤツは成功しない」と。

280x157-3Ua.jpg

自ら趣味と公言している美術品を、
政治資金で大量購入した疑惑もある舛添氏。
漫画内のセリフ通り、中途ハンパでは止められなかった
ということでしょうか。
ゲーム内でも舛添氏は、原稿執筆のためホテルに缶詰になり、
テレビ出演や雑誌インタビューで多忙な日々を送っています。
現実の最近の釈明会見で
「精査する」「第三者の厳しい目で見ていただく」と繰り返し、
自らの言葉で説明をしていないと批判を受けている舛添氏。
ゲームの中のように、苦境を脱する選択肢は
残されているのでしょうか?

14.jpeg

728_90.png





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。