So-net無料ブログ作成
検索選択

わが子の「2分の1成人式」での質問

スポンサーリンク





短期・高収入!観光しながらお金を稼ぎたいあなたへ! 【最大級リゾートバイト紹介サイト!!】

私の子供が、2分の1成人式を迎えます。
一昔前は、そんなのなかったんですけどね。

それのための準備で、子供が質問を持って帰ってきました。

「自分の名前の由来」
「生まれたときの様子」

即答できませんでした。
「きちんと答えてあげないとな」と思えば思うほど
考え込みました。

「名前の由来」については、
もちろん、いいかげんにつけた訳ではありません。
まず、字画数を気にして、数冊の本を買ってきて
調べたわけです。

それと、よくある名前ではなく、かといって
突拍子もない名前にはしたくないと、、、。
あまり難しい漢字だと、小さいうちは書けないな、、、とか。

そして、ようやく気に入った名前が見つかりましたが、
由来といわれても、、、という感じです。
子供には、名前を付けるときは、さんざん迷った挙句に
決めたんだぞと。
いい加減につけたんではないよと伝えました。

「生まれた時の様子」
って、わかりません。
病院からもうすぐですよ!と電話があり、夜中にかけつけましたが
「まだ時間がかかりそう」と言われ、一旦自宅に戻ったら
生まれちゃったので。
これに関しては、母親がコメントしていましたが。

質問の答え、困る人も居ると思うのですが。

こういう質問は、誰が決めるのでしょうか?

子供たちが10年生きてきた中で、自分が自信をもっていること、
苦手なこと、つらかったこと、
これからやりたいこと、今不満なこと、
自由に話させてあげればよいのにと思います。

もし
「テーマを決めてあげないと、話せない子がでてくる」
というのが理由にあるなら、それこそがナンセンス。

下手でもいいから、一言でもいいからと、
多くの人の前で発言したことの経験こそが
大切なのにと思うのですが。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。