So-net無料ブログ作成
検索選択

京大初のプロ野球選手誕生を支えてくれたチームメイト

スポンサーリンク




京都大の田中英裕投手が、ついにプロ野球選手として契約しましたね!

「ロッテ」からドラフト2位指名を受け、
昨日、契約金7千万円、年俸(推定)1500万円で契約と報じられました。

自分の強みは、
「しっかり腕を振って、打者に向かっていくところ。プロでもそれを貫きたい」
と話しました。

練習時は、右足の付く位置を重点的にチェックしていた田中投手。
内側に着きすぎると、腰が回り切らず、球に勢いが乗らないからだそうで。

このように脚光を浴びることになった田中投手ですが、
それを支えた選手の存在があります。

チームメイトの「上田 遥」遊撃手。
田中投手と同学年。
今秋のリーグで、ベストナインに選ばれた好選手です。

注目の的になってしまった田中投手。
多くの報道陣が押し寄せる中、
その対応を引き受け、田中投手のスケジュール管理と
部の管理をこなしたそうです。

上田選手は大学院へと進むそう。
大学で研究している食育の分野で、起業する夢を果たすべく
進むそうです。

上田選手の夢の実現を願います!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。