So-net無料ブログ作成
検索選択

「個人情報」の価値が¥500という認識ではないのでしょうが、、、。

スポンサーリンク





「ベネッセ」から、個人情報漏えいに対する
お詫びの品に関しての手紙が届きました。

「ベネッセ」を利用したことがあり、漏えいした情報の中に
自分の情報が含まれているのか、いないのか?
どちらだろうと思っていましたが、漏えい分に含まれていたという
ことになります。

被害者への「補償」として、
¥500の金券・ギフト券・図書券、及び、ベネッセこども基金への寄付
の選択ができるという内容です、

しかし、
この情報漏えいで、別段何も起こらなければよいとして、
何か実害があった場合、この¥500の金券でおしまいなの?
と思ってしまいます。

実害を受け、「補償」の¥500金券類で納得がいかない場合は、
(実害がでれば、納得できないですが)
「損害賠償請求訴訟」を起こすことになります。
ただ、実際に訴訟を起こす場合の費用のことを考えると、
一人での裁判ではマイナスになることが予想され、
集団訴訟でないと割に合わないことになりそうです。
(補償の金券類も受け取っていない方が良いようです)

漏えい事件が起こるか怒らないかは
個人情報を扱う企業の防止対策に左右されると
いうことになってしまいます。
多くのケースは、情報の処理・管理を外部に委託していて、
その委託されていた業者からの情報漏えいというものです。

個人情報を扱う企業は、もし情報漏えいした場合に備え
委託業者への賠償請求額を大きくして契約しておく。
そして、事件が起こった場合は、十分な賠償が被害者に充てられる
準備が行われている。

「そういった措置を取っているかいないかを見ていますよ」
というメッセージを、私たち利用者は送っていかなければいけないのだと
今回の事で思いました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。